【第1回】サイトに適した決済手段を

2015.11.19

  • ECサイト

ユーザーが購入を決めるかどうかは支払い方法にかかっている

「代引きだけでいい?」
実は消費者が求めているのは・・・

ECサイトを運営する際に、必要不可欠となってくるのが決済手段です。

ECサイトでは 代金引換 や 銀行振込 が必ずといっていい程利用できますが
それだけでは消費者を満足させる事はできません。
消費者が望む決済手段がないだけで、せっかくの販売機会を逃しかねません。

また 様々な決済がある中で、どの決済を導入するべきか悩むケースも多いかと思います。

第1回の今回は、王道の2つの決済手段についてご紹介していきます。

■代金引換
商品代金を配送業者に支払ってもらう決済手段です。
主に物販サイトで利用されます。
決済手段としては王道です。

◎メリット
(サイト側)
・代金回収の確実性が高い
代金引換では、配送業者が代金回収を行います。その後、サイト側に
商品代金が振り込まれますので、入金確認等の手間がかからず、かつ信頼性の高い決済です。

(利用者側)
・安全性が高い
商品の受け取りと代金の引換が同じタイミングとなるため、商品未着といった
トラブルのリスクが少ない安全な決済です。
・注文と同時に発送ができる
代金引換では利用者からの入金を確認する必要がありません。
よって注文と同時に発送ができ、スムーズに注文を処理することができます。

▲デメリット
(サイト側)
・受け取りが拒否されるケースがある
配達時に不在等の場合、商品代金の回収がされません。
本ケースの大半は再配達で回収されることがほとんどですが、なかにはそのまま不通となってしまい
結局キャンセルとなってしまうことがあります。その場合の配達料はサイト側の負担です。

(利用者側)
・代引手数料がかかる
送料とは別に、所定の代引手数料がかかります。サイト側が負担しているケースも
ありますが、大半は利用者負担となっています。300円前後となっていることが多いです。

■銀行振込
サイト側の銀行口座に入金してもらう決済手段です。
物販サイトに適しています。
必ずと言っていい程備わっている決済手段です。

◎メリット
(サイト側)
・手数料がかからない
銀行振込の一番のメリットは手数料がかからない点でしょう。
他の決済手段を利用する場合は3%~の手数料がかかりますのでコスト面でとても優れています。

(利用者側)
・振込手数料がかかる
銀行振込では、金融機関に応じた振込手数料がかかります。
同行であれば0円のケースもありますが、他行の場合は800円ほどかかるケースもあります。

▲デメリット
(サイト側)
・入金確認に手間がかかる
利用者からの振込の有無をサイト側で確認する必要があります。
振込件数が少なければ良いですが、振込件数が多い場合はかなりの手間となってくるでしょう。

また銀行営業時間外に振込がされた場合、確認は翌営業日となってしまうため
迅速な対応ができない点もデメリットです。
一刻も早く商品を受け取りたい利用者であった場合、別のサイトに流れてしまうケースも
出てくるかもしれません。

(利用者側)
・金融機関に出向く必要がある(ネットバンク以外の場合)
銀行振込を利用する場合、金融機関に出向いて振込を行う必要があります。
そのためその場で決済を完結することが出来ず、手間がかかります。

第2回は上記以外の決済手段について発信致します。
ついにあの決済手段も?!

クレジットカード決済代行なら
テレコムクレジットにお任せください。

セキュリティへの取り組み
PCI DSS Pマーク Trustwave VeriSign