【第2回】知っておきたいECサイト用語

2015.11.19

  • ECサイト

ECサイトで必要な5つの集客用語

第1回 に引き続き、ECサイトを立ち上げる前に知っておきたい
ECサイト用語をご紹介します。

今回は、ECサイトの集客面にスポットを当ててご紹介します。

■SEO(エスイーオー)
SEOとはYahoo!やGoogleなどの検索エンジンで、
自らのECサイトを検索結果の上位に表示させる施策のことです。

インターネットユーザーのほとんどがYahoo!やGoogleなどの
検索エンジンを利用すると言われている為、SEOをうまく駆使することにより
効率的に集客させることができます。

■リスティング広告
リスティング広告とは Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンで、
ユーザーが検索条件に入力したキーワードに連動して表示される広告を指します。

その為、 検索連動型広告 と呼ばれることもあります。
その検索キーワードに関する情報を見たいというユーザー向けに広告を出すことができる為、
高い広告効果が期待できます。

■ランディングページ
ランディングページとは、検索エンジンによる検索結果からの
リンク先となるウェブページのことです。

SEO対策等をしてサイトの入り口まで呼ぶことが出来たとしても
ランディングページの内容が適切でなければ、サイトから離脱してしまう可能性が高くなります。

ランディングページの作りを工夫することにより
サイト訪問者の滞在時間や閲覧ページを増大させることができ、
収益に繋がる何らかのアクションを起こさせる可能性を高めることができます。
このように収益に繋がるアクションが増大するように
ランディングページを最適化させることを LPO と言います。

■Google Analytics(グーグルアナリティクス)
Google Analyticsとはサイトへのアクセスを解析する無料のツールです。
どのページにどれだけのアクセスが集まっているか、
PCあるいはスマホからのアクセスが多いのか等を分析することができます。

これらの解析結果から、サイトの問題点や強みを浮き彫りにさせ、
今後のサイトの改善へと繋げることができます。

■SNS(エスエヌエス)
SNS(social networking serviceの略)とは、インターネット上の交流場(ツール)を通して
情報発信やコミュニケーションを取るサービスの総称です。
FacebookやTwitter、LINE、mixi、Instagramなど様々なサービスが存在します。

現代では、この様なSNSを通してECサイトの商品を掲載したり
ECサイト(ショップ)自体の情報発信を行い、集客をすることが重要となります。
SNS上での反応が売上を大きく左右する マーケティング手法となっています。

以上、第1回、第2回とご紹介してきましたが、ECサイトを運営する際には
まだまだ知っておかなければいけない事があります。

運営・集客がうまくいっても、最も大切な決済手段を組み込まなければ
売上には繋がりません。

クレジットカード決済をはじめとした、決済サービスについては
当社テレコムクレジットまでお気軽にご相談下さい。

クレジットカード決済代行なら
テレコムクレジットにお任せください。

セキュリティへの取り組み
PCI DSS Pマーク Trustwave VeriSign