QRコード決済は今後どうなる?

2020.09.11

  • キャッシュレス

どうもこんにちは!
早いものでもう9月…まだまだ残暑が厳しいですね…
という事はかなり話題になったキャッシュレス還元がもうとっくに終わったんですよ!
あっという間でしたね、本当に、、

そもそもこのキャッシュレス還元は何で始まったかというと2019年の10月に消費税10%への引き上げを行った際に、それに伴う消費の冷え込みを防止する一つの策としてキャッシュレス決済を行うと還元しますよ、という政策だった訳なんですね。
それに端を発し大きなポイント還元を行う事業者が大々的にテレビCMやコンビニ等の小売店の店頭でキャンペーンを宣伝する事で、そのお得さ加減が物凄く話題になり消費税の増税に対する批判やデモ活動は目立ちませんでした。そういった面でも非常に効果的だった気がしますね!
そして実際どれ程キャッシュレスが広がったか気になりますよね!?
とある調査によるとこのキャッシュレス還元制度に参加したのは約115万店もあり、対象となり得るお店の約6割にもなる数字との事です。これは凄いですね!
経産省が参加店に行ったアンケートによるとこのキャンペーンが終了した後もキャッシュレス決済を利用すると回答したお店が9割程だったそうで、実際このキャンペーンを機に試しに導入してみてメリットを感じられたお店が多かったと言える結果となっている事がわかります。
消費者側に行ったアンケートでも利用した方の8割は還元キャンペーンがなくても使っていくと回答したそうです。これも非常に高い数字ですね。

上記のようにこのキャンペーンでキャッシュレス決済というものが事業者、消費者共に広く普及し成功したと言えます。しかも継続して利用する意思が両者共に高い事も今後を考えると素晴らしい施策だった事は間違いないでしょう。

そこで!個人的に疑問に思った事があります。
めちゃくちゃ高還元をしていた事業者はまず囲い込みを行う為に身銭を切って普及活動をしていた訳ですが、還元どこまで続けるの?という問題です。
サービスによっては数10%~期間限定で100%還元というとんでもなくお得なキャンペーンを行っていたところもありますよね!これは大抵QRコード決済なんですよ。
周りも皆使っていましたし、当然使った方が良いに決まってます。
でも、QRコード決済って面倒じゃない?と個人的に思っていてこれはずっと拭えていないんですよねー。Suica等の電子マネーはかざすだけで決済出来ますが、それに比べてQRは確実にアクションが多くなるので絶対手間なんです。今までは高還元があったから面倒でも使っていた人沢山いると思うのですが、還元条件がフラットになったら皆どうするのかな?と気になる所です。
この手間を解消するOR手間をかけてでも使いたいと思わせる施策を各社模索し、また競争が激化していくのでしょうか。。それ以外にも手数料の問題、売り上げの支払いサイクルの問題。実店舗はWEB系のサービスを行っている会社よりこの辺りの問題はよりシビアに判断するのでクレジットカード黎明期のような争奪戦が繰り広げられる予感がします。決済代行会社としてはしっかり今後の動向を見守っていきたいところです!

また、私も皆さんもどのサービスが自分にとってお得で使いやすいか比較して賢く利用していきたいですね!

クレジットカード決済代行なら
テレコムクレジットにお任せください。

セキュリティへの取り組み
PCI DSS Pマーク Trustwave