デビットカードとは~今更聞けないシリーズ~

2021.04.06

  • クレジットカード

~今更聞けないシリーズ~という事で、
本日は「デビットカード」についてご説明させて頂きます。
 
「デビットカード」は、金融機関が発行する決済カードです。
使用すると、商品やサービスの代金が利用者の預金口座から即時引き落とされて、支払われます。口座の残高の範囲内でしか利用できないので、使いすぎる心配がありません。還元率に応じて、現金でのキャッシュバックがあったり、ポイントが貯まったりもします。
 
デビットカードには、キャッシュカードをそのまま用いる 「J-Debit」と、クレジットカード会社のネットワークを用いる「ブランドデビット」の2種類があります。
どちらも金融機関で発行され、「J-Debit」は国内のもの、「ブランドデビット」はVISA、JCBなどの国際的ブランドを付けたものという違いがあります。
「ブランドデビット」は、近年増加傾向にあります。クレジットカードと同様に、国内外のVISAやJCBなどのブランドマークのある加盟店での決済や、インターネットショッピングの決済などに利用できますし、海外 ATM から現地通貨を引き出すこともできるのが特徴です。
 
また審査不要というメリットがあります。
クレジットカードはクレジット会社の審査に通らないと作れませんが、デビットカードは、その金融機関に口座を持っていれば審査なしで発行されます。デビットカードは、クレジットカードを作れないという方でも作ることができるのです。
 
デビットカードはクレジットカードと違い、
銀行口座からの支払いなので、その記録が預金通帳に残ります。インターネットバンキングであればパソコンやスマホの入出金明細画面に記載され、残高を管理できるのも魅力のひとつです。
いつ、何に使ったかが一目で分かるので家計簿代わりになりますし、使いすぎる心配もありません。ネットバンキングでは使い分け口座を設定できるサービスもあります。このようなサービスを活用すると、より家計を管理しやすくなります。
それでいて「0.2%~5%」などの還元率が設定されています。
口座残高に応じて還元率が変動するもの、高還元率で年会費がかかるもの、さらにポイントの種類なども各種さまざまなので、条件をよく確認する必要があります。
キャッシュバックの場合、現金が銀行口座に自動的に入れられるため、ポイントを経由しないスピード感があります。また、カードによってはATM手数料が無料になったり、銀行のサービスを受けられるものもあります。
 
更に最近注目されている「キャッシュアウトサービス」という新しい機能もあります。
これは、小売店のレジでデビットカードを利用する際に、買い物金額以上の金額の引き落としを指示すると、差額を現金として受け取ることができるサービスのことです。すでに、一部の銀行で取り扱いが開始されています。
例えば、2万円の買い物をして、ついでに1万円の引き出しを指示すると、お店のレジから1万円を受け取ることができます。残高照会すると、合計額の3万円が出金されたことになるわけです。
「ATM に行かなくても、デビットカードでお買い物して、さらに現金の引き落としまでできる」ようになれば、ますます便利になりますね。

クレジットカード決済代行なら
テレコムクレジットにお任せください。

セキュリティへの取り組み
PCI DSS Pマーク Trustwave