Visaのタッチ決済第二弾

2020.08.26

  • クレジットカード

どうもこんにちは!以前にもこの話題について記事を書いたのですが、今改めて公式ページを見ると徐々にですが対応カードや対応店舗が増えていってるようなので改めてVisaのタッチ決済について触れていき、具体的に自分たちの生活にどういった影響が出るのか考えてみたいと思います!

そもそもこのVisaのタッチ決済とは何なのかと言いますとその名の通りカードを端末にピットかざしてクレジットカード決済が出来るというものです。日本人の多くが利用しているSUICA決済と同じ要領で決済が出来ます。じゃあSUICAで良いじゃん、と一瞬思われるかと思いますが、SUICAでピッと非接触決済が出来るのはチャージされた残額から引かれるプリペイドであってクレジットカード本体ではないんですね。しかしSUICAはそのクレジットカードと紐づけてオートチャージも出来るのでVisaのタッチ決済に近い事も出来ますのでこれはかなり便利な機能ですね!
個人的にこのSUICAオートチャージとVisaのタッチ決済の大きな差は限度額にあると思います。SUICAのチャージ出来る上限額は2万円までとなっていますので、それを超える高額な支払いは出来ないんですね。なので皆さんも基本的に電車利用以外はコンビニやカフェ等の比較的決済単価の低い場面での利用がメインとなっていると思います。
それ以上の単価がメインとなっている飲食店や衣料品店ではそもそもSUICAが使えないお店が多い為自然と皆さんも支払いはクレジットカードか現金になっているはずです。

今まで私はクレジットカード派で現金はほとんど持ち歩かないスタンスで生活しており、それが簡潔でベストな方法と疑っていなかったのですが昨今のコロナ禍によりそれがベストではない事に気付きました。何故ならカードで支払いをする際は多くのお店で店員さんにカードを渡すのでその接触リスクがあるんですねー。今までは全く気にならなかった点ですがこの状況下で冷静に考えるとそれすらもリスクになっていると意識し始めました。
それでも確実に現金よりは清潔なのですがやっぱりちょっとだけ気になっちゃった訳です。
それでこの状況下でも気にせず出来る支払い方法は何だろう?と考えたらこのVisaのタッチ決済最強だな、という結論に至りました。

現在利用可能な店舗や発行されているカードについては公式ページをご確認下さい。
https://www.visa.co.jp/pay-with-visa/featured-technologies/contactless.html#5
まだまだどちらも少ないですが着実に増えていくでしょう。

コロナウイルスの影響で今後の生活においても今までとは異なった形になっていく事は考えられます。
可能な限り接触を避けるという点においてはこの決済方法はベストだと思いますので急速に広がる可能性は十分にあるかなと思っています。
是非一度公式ページも覗いてみてください!!

クレジットカード決済代行なら
テレコムクレジットにお任せください。

セキュリティへの取り組み
PCI DSS Pマーク Trustwave