不正送金にご注意を!

2020.12.23

  • 決済サービス

皆さんこんにちは。
今年は様々なニュースが世間を賑わせており、
コロナ禍も相まって混沌とした世相になっていますね。
新しい生活様式もすっかり馴染みつつあるように感じています。

最近のニュースではドコモ口座事件が記憶に新しいところですね。

ドコモ口座事件とは、
ドコモ口座、PayPay、Kyash、LINE Pay、メルペイ、PayPalなど複数の電子決済サービスを通じて、
銀行口座の残高が不正に引き出された事件です。

最近になって急激に普及してきているキャッシュレス決済の
セキュリティの穴を突かれた問題と言っても良いでしょう。

ちなみに皆さんドコモユーザーではないからといって安心されていませんでしょうか?
そんな事は全くなくて、ドコモ口座が犯罪に使われたというだけで、ドコモ口座以外の
全ての銀行ユーザーの身に降りかかってもおかしくない問題なのです。

そして、この問題の恐ろしいところは未だにその犯行手口の全貌が明らかになっていないという点です。
また他にもゆうちょ銀行や証券会社のSBI証券でも不正送金問題が発生しており、
今後同様の手口が発生する可能性も大いにあり得ます。

その為、先ず自身で行える対策として、原始的ですが「常に自分の銀行の入出金履歴を
確認される」というアクションが挙げられます。これは今度と言わずに今すぐに対応される事を推奨します。
自分は大丈夫、関係ないと思わずに身近に潜んでいる危険に向かって即時対処された方が宜しいでしょう。

決済業界では従来の仕組みと新たなテクノロジーを融合する事により、
多くの決済サービスが誕生していますが今回の事件はその弊害と言っても過言ではない状況です。

自分の身は自分で守れるようにセキュリティ意識を高めていけば多少なりとも被害は減らせるはずです。
もちろん私達テレコムクレジットにおいても日々最新且つ最大限のセキュリティ対策を実施しております。

今後ともよろしくお願い致します。

クレジットカード決済代行なら
テレコムクレジットにお任せください。

セキュリティへの取り組み
PCI DSS Pマーク Trustwave