blog

え!?私ってこんなに給付金もらえるの?!知って得する家計簿アプリ


年末年始、ついついお金を使いすぎて…  今年こそは 家計簿 で出費をスリムに!
なんて考えている方もいるのではないでしょうか。

最近では家計簿もアプリの時代です!
これから始めようという方、既に始めている方にもお勧めのアプリがあります。


その名も・・・


【 Zaim 】(ザイム)

家計簿アプリZaimトップ


ご存知の方もいるかと思いますが、
Zaimはただの家計簿アプリでありません!


■主な機能
 ・電卓付き家計簿で簡単入力
 ・レシートから品目を自動読取
 ・棒グラフ・円グラフで家計簿を分析
 ・月カレンダー・週カレンダーで履歴を見やすく表示
 ・月の予算を決め家計簿の残高を表示
 ・お財布や口座、クレジットカードの残高表示
 ・支出や収入を入力するともらえるスタンプ機能
 ・お金を支払ったお店を家計簿に登録
 ・つけ忘れ防止のアラーム機能
 ・家計簿の繰り返し入力
 ・パスコード・ロックでセキュリティも安心
 ・よくいくお店の特売情報を自動表示(クックパッド社提供)
 ・CSV エクスポート&インポート
 ・Facebook / Evernote / Google と連携


基本的な家計簿アプリの機能はもちろん、Excelで行う様な事までできちゃいます。
是非 Zaimアプリでお金の収支を管理しましょう!



さらに1月16日より、Zaimと連動した有益なサービスがリリースされました。


「わたしの給付金」&「わたしの医療費控除」

わたしの給付金&わたしの医療費控除画像


■「わたしの給付金」
Zaimに登録をした家計簿情報を元に、
国やその人が暮らしている地方自治体での給付金受給の情報を自動検出し教えてくれます。
 (例)高額医療費制度や特別疾病患者福祉手当など

<現在の対応地域>
東京都 23 区および神奈川県横浜市・川崎市の合計 892 種類の給付金から開始。
2015 年 2 月以降、県庁所在地を中心に全国展開予定。


■「わたしの医療費控除」
医療費として控除対象になる可能性がある支出を自動的に割り出します。
 ※対象:過去 4 年と本年の家計記録

医療費控除は、1 年間にかかった医療費だけではなく、
その通院にかかった公共交通機関の交通費なども対象となるそうです。

Zaim は医療費および関連して控除になる可能性のある支出を割り出し、
合計額が控除対象となる 10 万円に達するかどうかを判定してくれます。

全国のユーザーが利用可能。

プレミアム会員に登録していれば
控除申請用集計フォームの自動作成機能も利用可能



クレジットカードでポイントが貯めるのが好きというあなた・・・
「お得」「損」という言葉に敏感に反応してしまうそこのあなた・・・

もらえるはずの給付金がきっとみつかるはずです!!!


「わたしの給付金」「わたしの医療費控除」は、Zaimのアプリ版(iOS/Android)
およびウェブ版どちらからも利用できるので Zaimと併せて是非みなさんも利用してみてはどうでしょうか!

最新の記事一覧

クレジットカード決済代行なら
テレコムクレジットにお任せください。

セキュリティへの取り組み
PCI DSS Pマーク Trustwave VeriSign