blog

新羅カンパニー設立!?スクウェア・エニックスの子会社


人気ゲーム「ファイナルファンタジー」などを手がける
スクウェア・エニックス・ホールディングスは、クラウドゲーム事業を手掛ける100%子会社
「シンラ・テクノロジー」を設立すると発表しました。

シンラ・テクノロジーは、独自技術を利用してクラウドゲーム事業の運営を行う会社です。


シンラの名前は「ファイナルファンタジー7」というゲーム内に出てくる
架空の企業 神羅カンパニー
同ゲームの主人公名 クラウド を引っ掛けたダジャレで命名したとのことです。


架空の企業が実際の企業名として使われることにファンは驚きの声を上げています。


クラウドゲームとはコンピューターゲームで遊ぶ為に必要な
コンピューターの処理をサーバー(クラウド)上で行うことで
ユーザーの利用する機器の性能に依存されずに高性能なサービスを提供できるのが特徴です。

クラウドゲームによる技術革新はスマートフォン向けのゲームの普及に大きな影響を与えており、
ゲーム業界の未来を作る技術として大きく期待されています。


シンラ・テクノロジーのサービスでは
従来のPCやゲーム機では不可能であった
スーパーコンピュータ並みの性能 を実現することができる予定です。


コンピューター性能の向上によって、これまで受けていた制限がなくなり
より高性能なクラウドゲームが増えていくことでしょう。


このように、ゲーム業界では大きな産業体制の変化が始まっていますが
決済業界ではiphone6より「アップルペイ」という技術革新が動き出しています。

技術革新による各業界の動きが活発になりそうですね。


最新の記事一覧

クレジットカード決済代行なら
テレコムクレジットにお任せください。

セキュリティへの取り組み
PCI DSS Pマーク Trustwave VeriSign